支援制度一覧

見附市公式中古住宅紹介サイト中古住宅を取得する時に使える補助制度一覧

見附市では、見附市内・市外の人で見附市内の中古住宅を取得される方に以下の補助・支援を行っております。
この他に細かな補助要件がある場合や、現在は受付が終了している補助・支援もありますので各制度の詳細は担当までお気軽にお問い合わせ下さい。

1.中古住宅取得補助金

■対象住宅
自己の居住の用に供し、生活するために必要な居室、台所、トイレ、浴室、玄関及び収納設備を有する延べ床面積が75平方メートル以上の一戸建ての中古住宅。
※中古住宅…過去に居住の用に供されたことのあるもの
■補助額
上限30万円
※ただし、住宅取得に要した費用が30万円未満の場合は、住宅取得に要した費用の額を限度とする(1,000円未満切捨て)
■補助対象者
本市に中古住宅を取得する人で下記の要件を満たす人1.過去のこの補助金の交付を受けたことがない人2.市税の滞納がない人(転入者の場合は転入前の住所地における市区町村税の滞納がない人)3.本市に定住する意思を有する人
■担当
建設課 都市計画係
Tel.0258-62-1700

2.フラット35子育て支援型・地域活性化型

■制度内容
 子育て世帯の負担軽減や転入者の定住促進を目的として、市と住宅金融支援機構が連携し市の住宅取得補助とあわせてフラット35を利用する場合、フラット35の借入金利を当初5年間、0.25%引き下げる制度。若年子育て世帯が住宅を取得する場合は【子育て支援型】、UIJターン者が住宅を取得する場合は【地域活性化型】。
■要件
  市の住宅取得補助金を受けることが条件です。
【子育て支援型】
 ≪対象となる見附市の補助金≫
 ・見附市住替え促進中古住宅取得補助金
  ≪次のすべての要件を満たす人が対象≫
 ・取得する住宅が既存住宅であること
 ・補助金申請日時点で補助申請者の年齢が50歳未満であること
 ・補助金申請日時点で補助申請者に満18未満である現に居住し扶養する子があること
【地域活性化型】
 ≪対象となる見附市の補助金≫
 ・見附市住替え促進中古住宅取得補助金
 ・見附市定住促進・健康住宅取得補助金
 ≪次のすべてを満たす人が対象≫
 ・市外からの転入者であること
■手続き
 市が発行する「フラット35子育て支援型・地域活性化型利用対象証明書」を金融機関に提出する必要があります。対象の補助金の交付申請後に、フラット35子育て支援型・地域活性化型利用申請書、要件等確認チェックシート、その他必要書類を市建設課に提出してください。証明書の発行後、取扱金融機関へ融資の申込みを行ってください。
詳しくは、見附市ホームページ フラット35の利用について をご覧ください。
■担当
建設課 都市計画係
Tel.0258-62-1700

3.断熱改修等リフォーム事業補助金

■対象のリフォーム工事
20万円以上のヒートショック対策につながる工事で、以下の(1)~(4)のいずれかを行うもので、これに併せて(5)を実施する場合にはその工事も対象。
(1)窓の断熱改修工事(2)外壁、屋根、天井または床の断熱改修工事(3)浴室等暖房器設置工事(4)床暖房設置工事(5)健康増進、環境・景観に配慮したリフォーム工事
※市内に本店又は支店等を有する業者が施工すること(支店等の場合は支店名で請求書、領収書の発行ができることが条件)
■補助額
補助対象工事に要する費用の20%(上限20万円)(1,000円未満切捨て)
■補助対象者
次のいずれかに該当する場合が補助対象です。
1、一戸建て住宅(併用住宅の居住部分も含む)の、居住者または定住目的で中古住宅を取得しリフォームする人
2、一戸建て賃貸住宅(長屋、共同住宅は除く)の、居住者または定住目的でリフォーム後に居住する人または所有者
3、集合住宅の、所有かつ居住する人
※いずれも市税等の滞納がない人が条件です。
※見附市外に居住する賃貸住宅の所有者以外は見附市への住民登録が必要です。
■担当建設課
 都市計画係
 Tel.0258-62-1700

※平成30年度の受付は終了しました。

4.新エネルギー導入促進事業補助金

■補助対象
以下(1)~(4)のいずれかの設備を設置する際の費用を補助(1)太陽光発電システム…住宅の屋上等で太陽光を利用して発電する装置(2)太陽熱利用システム…住宅の屋上等で太陽熱を利用して温水をつくり、給湯暖房等に用いる温水器(3)エネファームシステム…都市ガス、LPガス、灯油等を燃料とし、燃料電池ユニット及び貯湯ユニットから構成されるシステムで、発電時の排熱を住宅において給湯に利用する設備(4)ペレットストーブ…住宅において木製ペレットを燃料として使用する暖房装置
■補助額(いずれも1,000円未満切り捨て)
(1)太陽光発電システム…1kWあたり7万円、上限額28万円(2)太陽熱利用システム…費用の10%、上限額3万円(3)エネファームシステム…費用の3分の1、上限額30万円(4)ペレットストーブ…費用の3分の1、上限額5万円
■補助要件
(1)自ら居住する市内の住宅で使用するために新たに設置すること(2)設置する建築物の敷地及び建物等に建築基準法等の違反がないこと(3)年度末までに工事を完了し、補助金交付請求ができること(4)設置後の2年間、当該システムの運転等に係る稼働状況を報告すること(5)市税を滞納していないこと
■担当
市民生活課 生活環境係
Tel.0258-62-1700
※(3)エネファームシステムについて
パナソニック㈱が製造販売しているエネファームは、見附市の都市ガスに対応していませんのでご注意ください。

5.生ごみ処理機器購入費補助金

■補助対象
以下(1)~(3)のいずれかの生ごみ処理機を購入する際の費用を補助
(1)コンポスト容器(2)EMボカシ容器(3)電動生ごみ処理機
■補助額
・コンポスト・EMボカシの容器:購入額(税込)の半額、上限3,500円・電動生ごみ処理機:購入額(税込)の半額、上限30,000円※1世帯で補助を受けられる上限は、コンポスト・EMボカシについては各2個まで、電動生ごみ処理機については1台まで。
■補助対象者
市内在住で家庭で利用される方
■担当
市民生活課 生活環境係
Tel.0258-62-1700

6.家庭用ガスコージェネレーションシステム導入等助成金

■補助対象
以下(1)~(3)のいずれかの機器を設置する際の費用を補助(1)家庭用ガス発電給湯暖房設備(エコウィル)(2)潜熱回収型給湯器(エコジョーズ)(3)家庭用燃料電池(エネファーム)
■補助額
(1)家庭用ガス発電給湯暖房設備(エコウィル)…8万円(2)潜熱回収型給湯器(エコジョーズ)…1万円(3)家庭用燃料電池(エネファーム)…20万円
■担当
ガス上下水道局宅内設備係
Tel.0258-62-1700
※(3)エネファームシステムについて
パナソニック㈱が製造販売しているエネファームは、見附市の都市ガスに対応していませんのでご注意ください。

空き家・空地管理は、見附市シルバー人材センターにお任せください!

見附市シルバー人材センターでは、空き家・空地管理&お墓安心サポートを行っています(有料)
■定期訪問サポート  各1回 1,500円
(1)家屋…外壁、外窓、屋根、雨どいの破損、ポスト内確認
(2)敷地…雑草、植栽、不法投棄の確認
(3)墓地…雑誌、落ち葉、敷地状態の確認
※目視で確認し、メール等で写真付き報告書をお送りします。
■管理サポート
・草取り  6,930円~
・機械除草 9,240円~
・庭掃除  7,700円~
・冬囲い  9,240円~
・墓地清掃 5,800円~(1区画2㎡まで)
※価格は、実働時間・作業人数によって変動します
※作業によって別途作業料、材料費等が必要な場合があります
※事前にお見積もりをしたうえで作業します。まずはご連絡ください。

■担当(申し込み)  公益社団法人見附市シルバー人材センター  Tel.0258-62-0609

詳しくは「シルバー人材センターホームページ」をご覧ください


みつけの魅力をご紹介『ハピネスみつけ』

ハピネスみつけ

若者、子育て世代、シニア世代、暮らす様々な世代の方に【嬉しい・楽しい】がたくさんあるまち「みつけ」。

見附市は、皆さんに「健康で幸せに、豊かに暮らしてもらいたい」。
そんな想いの詰まった様々な取組みを実施しています。

ハピネスみつけでは、その取り組みや楽しめる公共施設などをたくさんご紹介しています。

見附市見附市立病院見附市教育委員会見附市総合体育施設 見附運動公園見附市文化ホール アルカディア見附市子育て支援サイト スマイルみっけ見附観光物産協会 観光ガイドいいとこみっけ!道の駅 パティオにいがた見附の特選品 どまいち
トップへ戻る